ガッツポーズをする女性

角膜の薄さ

女性の横顔

レーシックの手術では主にレーザーを用いていますが、角膜の厚さによって使用するレーザーの種類も変わってきます。昔では角膜が薄いことによってレーシックの手術が受けられないという事がほとんどでしたが、技術の進歩によって角膜が薄い状態でも特定の機器を用いることによって治療を行なうことが出来ます。そのため、条件によってレーシックを受けられないという人は少なくなってきている傾向になっています。誰でも受けられるようになっていることから、レーシックの普及率はこれからも高まっていくことでしょう。そのため、日常生活においてメガネやコンタクトレンズを使用するのが煩わしくなったりしたらレーシックの手術を受けておく検討を進めると良いでしょう。そのことで快適な視界を確保するための準備を進めていくことが出来ます。

レーシックのレーザーの照射を行う際、角膜を覆っている膜を剥がす作業から入ります。フラップという蓋があり、剥がしている状態で角膜に直接レーザーを照射します。角膜の形を変えていくことによって、視力は元通りになるのです。これらの形状は長期に渡ってキープすることが出来るため、いつまでも鮮明な視力を維持しておくことが出来るのです。手術を受けてから数時間後で回復するため、その日の内に効果を実感することが出来ます。そのため、これからはメガネやコンタクトレンズを用いて視力の矯正を行なう必要がなくなってくるのです。このような点から多くの人から注目されるようになっており、眼科へのレーシック手術の普及が進むようになりました。また、医院ごとに矯正の技術も変わってくるので、慎重に医院選びを進めていくことが大切です。