ガッツポーズをする女性

屈折矯正手術

レーシック手術をするまで

笑っている目元

福岡のクリニックでレーシック手術を受けるまでの基本的な流れをご紹介すると、最初に適合検査があり、手術が適合か不適合かを調べます。その次に医師による診断があります。このときにレーシック手術に対する不安や分からないことを聞いておくことが大事です。 手術をすることを決めたら、手術日まではコンタクトなしの生活をすることが求められます。手術の1週間〜3週間くらい前から外す必要があり、日数についてはカウンセリングの時に指示があります。 手術は目薬タイプの麻酔をして行われます。角膜を削ってフラップという蓋のようなものを作り、レーザーを照射してレンズの屈折を矯正します。手術が終わったら30分くらい安静にして終わりです。

快適な生活が手に入る

福岡市内にもレーシック手術ができるクリニックが増えてきました。レーシック手術の需要は近年高まっています。多くの芸能人やスポーツ選手たちもレーシック手術をして視力を回復して各分野で活躍しています。 福岡のクリニックでレーシックをするとコンタクトが不要になります。コンタクトを買う費用も、洗浄消毒する手間もなくなり、コンタクトをしていて目が赤くなったり、眼球に張り付いてごろごろする不快感もなくなります。また、花粉症も軽減されます。 レーシック手術をして裸眼で生活することで、生まれ変わったように日常生活が快適になります。福岡でも最近はレーシック手術の費用が安くなってきています。10万円あれば手術ができるクリニックもあります。